クレジットカード現金化はどうなの?後悔する?

クレジットカード現金化を利用したことがありますか?クレジットカード現金化を利用するとどうなるのかあまり把握できていないような方も多いと思います。
そこでクレジットカード現金化を使った後のことを解説していきます。

クレジットカード現金化の流れ

そもそもクレジットカード現金化の流れを振り返ります。
そもそもクレジットカード現金化の方法には2種類あります。
まずはクレジットカードで普通にネットショッピングをしてもらいます。
そしてそこで購入した商品をクレジットカード現金化を専門的に行う業者に転売することによってその金額を現金として受け取ることができるのでそれを得るというやり方です。
また、2つ目がクレジットカードのキャッシュバックの枠を利用して現金を得るという方法もあります。
どちらもクレジットカードでネットショップを利用してもらうような形になっています。
ネットショップは普通のネットショップサイトです。

まずクレジットカード現金化の利用がバレて起こること

そしてそんなクレジットカード現金化を利用することによっていろんなことが起きるのですが、まずクレジットカード現金化を利用がバレてしまうとネットショップのアカウントが停止する可能性があります。
Amazonさんや楽天さんで購入していくと思うのですが、その際にクレジットカードでネットショップを利用するのですが、支払い前にクレジットカードで購入した商品を流すので立派な横領になります。
なので基本禁じられている仕組みなので罰則としてアカウントがなくなりなんなら作れなくなる可能性すらあります。
バレるとまずネットショップのアカウントが無くなります。

クレジットカード現金化がバレるとその次に起こること?

そして次に起こることとしてクレジットカードが停止するということです。
クレジットカード業者も基本的には禁止しているのがクレジットカード現金化です。
そもそも先ほども記載したように横領のような犯罪が匂ってくるようなことなのでクレジットカードを利用するときの規約として記載していることがほとんどです。
なので罰則として停止があります。
もっとひどいとクレジットカード現金化によって慰謝料を請求されるということもあります。
不当に利用していることになりますのでそのお金の請求になります。
これに関しても明記しているところもあるので可能性は高いです。

クレジットカード現金化によって犯罪に巻き込まれる可能性も?

そんなクレジットカード現金化なのですが、犯罪にも巻き込まれる可能性があります。
クレジットカード現金化の業者さん自体もグレーゾーンの業者が多いのでクレジットカードの情報を会社側に渡した時に犯罪は利用されるということがあります。
また、クレジットカードで商品をせっかく買ったのにその商品を渡しても明らかに釣り合わないような金額を渡されるということもあります。
そうされても泣き寝入りをする他なく、警察も横領に当たる行為を利用者も行っているやで消極的になるという悪循環になります。
クレジットカード現金化で後悔した理由、後悔しないための見分け方

クレジットカード現金化は後悔する?

そしてクレジットカード現金化を利用してしまうと以上のようなことが起きます。
これ以外にも起こることはたくさんありますがやはりクレジットカード現金化は後悔するものであると言って間違いないです。
あまりよくないことなので使ってしまったら戻ることはできないので気をつけてください。