クレジットカード現金化は犯罪なのか?

緊急に現金が必要な時に便利なのが、クレジットカード現金化という方法です。
しかしクレジットカード現金化を使ったことがない人にとっては、法律に反するのではないかと不安に思うこともあるようです。
ではクレジットカード現金化は犯罪なのでしょうか?

クレジットカード現金化とは何か?

クレジットカードの中にはキャッシング枠とショッピング枠があります。
キャッシング枠はキャッシュカードと同じように使うことができ、ATMにカードを入れて現金を引き出せます。
これは正当な方法で、法律には全く違反しません。
またショッピング枠を現金に換える方法が一般に、クレジットカードを現金化と言われています。
具体的にはクレジットカードを使って何かの商品を買い、現金化業者に依頼するか、自分でネットオークションで売ることで、現金を手にすることができます。

クレジットカード現金化は犯罪ではない

ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化は正当な方法ではありませんが、法律に違反していませんし、犯罪でもありません。
というのもクレジットカードを使って何かの商品を買い、その商品が不要になったのでネットオークションで売るということはよくあることだからです。
クレジットカードで買った商品を売る行為がクレジットカード現金化をしたい目的かどうかわからず、犯罪と決めることもできません。
しかし犯罪ではないので全く問題ないわけでもなく、利用する時のリスクを考えなければなりません。

クレジットカード会社の利用規約に違反する

ショッピング枠でのクレジットカード現金化は法律には違反しませんが、クレジットカード会社の利用規約とは合いません。
そのためクレジットカードの不正利用とみなされてしまいます。
実際にクレジットカードで新幹線の回数券やギフト券を買って、金券ショップで売りさばいて現金に換える方法は、昔から行われてきたクレジットカード現金化の手段です。
そのためクレジットカードで新幹線の回数券を何万円分も買うと、カード会社のシステムが自動的に警告を出して、利用者は不正利用を疑われてしまいます。
不正が発覚した時にはカードが利用停止になるかもしれません。
ひどい場合には強制解約もありえます。

悪徳業者に騙され犯罪に巻き込まれることもある

不景気になり皆がお金に困っている中で、クレジットカード現金化の業者も年々増えています。
中には利用者を食い物にする悪徳業者もいます。
悪徳業者は高い換金率で客を引き付けて、クレジットカードで決済させてから支払うべき現金を支払わないで、そのまま音信不通になってしまうこともあります。
また手にした現金が、最初に言われていた額よりもかなり安くされてしまうこともあります。
こちらが文句を言うと、強気で恐喝まがいの態度で利用者を脅す業者もいます。
このようにクレジットカード現金化は犯罪ではありませんが、法律的には際どい所を行く行為なので、クレジットカード会社から目をつけられると、厄介な問題が起きるかもしれません。
また悪徳業者に当たると犯罪に巻き込まれる危険もあります。
そのためクレジットカード現金化を利用する時には、事前に良く調べて注意するようにしましょう。