クレジットカード現金化は自己破産中にも本当に使えるのか

クレジットカード現金化は自己破産をして金融ブラックリストに登録されてしまった状態であっても利用すること自体は可能です。
しかし、現実問題としてクレジットカード現金化を自己破産した状態で活用することにはいくつかの制約も存在します。
ここからは自己破産をしていてもクレジットカード現金化が使える理由と、有効な活用法について解説していきましょう。

自己破産を行うと金融ブラックの状態になる

自己破産とは大雑把に言えば借金を返せなくなってしまった人が自分の資産を全て放棄することで借金を帳消しにしてもらうという方法です。
自己破産という言葉の響きが強烈なので自己破産イコール身の破滅と考えている人もいますが、実際には借金漬けの生活を立て直す法的な救済策となっています。
ただし借金がなくなるからといって全てが自由になるわけではなく、自己破産を申告した人の生活は様々な面で制約を受けることになります。
その制約の一つが金融ブラックリストに登録されるというもので、こうなると新たな借金をすることはもちろんローンを組んだり新規にクレジットカードを作ることもできなくなります。

自己破産をしてもクレジットカード現金化だけは利用可能

自己破産をして金融ブラックリスト入りすると、お金に関する情報の全てが各銀行や消費者金融などに筒抜けになり新しい審査には一切通過しなくなります。
この金融ブラックリストの状態を脱却するには、とにかく数年間おとなしくしていることしかありません。
しかし自己破産後にも急に現金を用意しなければならない事態に陥ることはよくあります。
そんな時、緊急の現金調達方法としても利用できるのがクレジットカード現金化です。
何故ならクレジットカード現金化は、すでに持っているクレジットカードのショッピング枠を現金に替えるだけで新しい借金には当たらないからです。

現実的に自己破産をした状態でクレジットカード現金化は使える?

自己破産後の極めて貴重な現金調達手段となるクレジットカード現金化ですが、ここで一つの問題があります。
先ほども述べたように自己破産をしてブラックリストに登録されたことは全ての金融機関に筒抜けになってしまいます。
つまりクレジットカードを発行する会社にもその情報は伝わっているため、すでに所持しているクレジットカードも強制解約されてしまう可能性があります。
全てのクレジットカードが自己破産後にいきなり使えなくなるというわけではないものの、かなりの高確率でクレジットカード停止の措置は避けられないと考えておいた方がいいでしょう。

自己破産中にクレジットカード現金化を使う方法

自己破産でブラックリストに登録されてから所持しているクレジットカードが利用停止になるまでには、多少の猶予がある場合もあります。
クレジットカード現金化を活用するのであれば、この猶予期間を最大限に利用するようにしましょう。
また運良く利用停止を免れたクレジットカードを持っているのであれば、普段はあまり使わずにここぞという時の備えに取っておくのもおすすめです。
自己破産中は新しいクレジットカードの審査に通過することはできませんが、デビットカードやプリペイドカードなら利用することが可能です。
ネットの買い物などはできるだけデビットカードやプリペイドカードを駆使して行い、金融ブラックリスト状態を抜けるまではそれ以上の悪評がつかないように立ち回ることも大切になります。

クレジットカード現金化を自己破産中に使えるかは運次第

クレジットカード現金化は借金としてカウントされないため自己破産でブラックリスト状態になっていても利用することが可能です。
しかしクレジットカード自体を止められてしまうとどうしようもないので注意しましょう。
また自己破産中にも使えるクレジットカードは大変貴重なので、普段は温存しておくことも考えておきましょう。