ここも押さえているので安心?クレジットカード現金化の優良店の特徴を調べてみた

クレジットカード現金化 優良店の特徴を聞かれた際に「手数料無料で高換金率で現金化可能」や「土日祝でも深夜まで営業」が挙がる事が多いです。
これらの特徴も優良店では実際に兼ね備えているので意見としては何も間違っていませんが、それ以外にも優良店ならではの特徴というのはあります。
具体的にどういった物なのかは気になる所ですが、こちらの特徴についてもこれから解説していきましょう。

数多くのクレジットカードにも対応している

同じクレジットカードでも信販系クレジットカードや銀行系クレジットカード等、数多くの種類があります。
数が多ければ多くなる程使えるカードと使えないカードが出てくる可能性もありますが、優良店だと使用可能なカードにも気を配っています。
優良店では日本国内で発行されたクレジットカードであれば、クレジットカード現金化の申込みもOKを基本としています。
更に言えば業者内で使用可能のブランドに対応でクレジットカード現金化が可能な状態(=現金化は可能な残高を確保している事)になっていれば、何処でカードを作ろうと優良店でのクレジットカード現金化は問題無く行えます。

家族カードでの現金化も優良店では可能としている

家族カードでクレジットカード現金化を申し込んでも明細が本会員のと共通なので利用がバレやすいを理由に拒否する業者も多いですが、優良店では家族カードの利用もOKとしています。
家族名義のクレジットカード利用時は優良店であっても名義違いを理由に本人確認の段階で拒否されますが、家族カードの場合はカード会社が正式に提供しているサービスと言う事もあって利用を許可しています。
手続き自体も本人名義のクレジットカードを使っての現金化と変わらないです。
利用明細についても現金化での利用と分からないように表向きはネットショッピングとしての処理にする等、本会員の人に現金化での利用がバレないように手配してくれます。

他社からの乗り換え希望者も積極的に受け入れている

今まで利用していた現金化業者から違う現金化業者に乗り換える事は珍しい事ではありませんが、優良店ではそこから更に踏み込んだサービスを提供しています。
優良店では他社から乗り換えた人向けにキャンペーンや特典を提供、自社でクレジットカード現金化を利用したらお得になって乗り換えて正解と思わせる物を用意しています。
傾向的に多い物を調べてみると「他社からの乗り換えで換金率アップ」や「他社からの乗り換えでクオカードやamazonギフト券をプレゼント」辺りが多いです。
優良店の中には乗り換え前に利用していた業者の換金率の情報を提供したら差額分も追加とより上乗せ出来るサービスも用意している場合もあります。

優良店はHP作成も怠る事はない

換金率も高くて手数料無料なので高換金率での現金化は本当だとしても、HPの作りが簡素で会社情報も不明瞭だと安全性も低いと判断されて依頼するのを控えようとする人はやはり出てきます。
クレジットカード現金化では換金率の高さも確かに重要ですが、安全性の高さも同様に求められます。
優良店では安全性が高い業者である事をアピールする重要性も理解しており、HP作成も疎かにはしません。
クレジットカード現金化に関する情報(換金率・手数料の有無・営業時間・対応金融機関等)は勿論、会社情報(住所・代表者名・電話番号・事業内容等)もしっかりと記載して安全に現金化出来る事を保証すると大々的にアピールしています。

まとめ

クレジットカード現金化の優良店では換金率の高さ等の貰える現金関連が注目されがちですが、利用しやすさにも気を配っているのが見て取れます。
特に家族カードでも正式にカード会社から提供された物であれば利用可能もOKとしているのは家族カード持ちの人でも利用しやすいです。
他にも乗り換え希望者も積極的に受け入れや自社のHP作りも力を入れており、優良店ならクレジットカード現金化も安全に行えるでしょう。

関連記事